松尾研への配属

紹介用スライド
 このページでは、主に学部3年生以下を対象に、松尾研への配属に関する情報を掲示しています。 研究内容や研究室での生活について、また配属時の選考について詳しく知りたい方はぜひ参考にして下さい。
松尾啓志(教授)
matsuo@dummynitech.ac.jp
研究室見学(学部3年生向け)
11/22(金), 11/27 (水), 11/29 (金), 12/10 (火), 12/11 (水)
時間 13:00 - 16:00 (受付は15:00まで)
場所 52号館 3階 5237 (齋藤研と同部屋)
備考 「分散システム班」と「ネットワーク班」の2班に分かれて説明を行います。
お問い合わせ ad@dummymatlab.nitech.ac.jp
  • 受付時間(13:00 - 15:00)内であれば、いつ来場しても構いません。また 想定の所要時間もありませんので、自由に帰ることができます。
  • 各見学日はすべて同じ内容ですので、「今日は分散システム班だけを見学して、ネットワーク班の見学は次回にしよう」という見学スタイルも可能です。
  • もちろん見学日であれば何度でも見学することができます。
  • 上記日時に来場できない方で、見学を希望する場合は、お問い合わせ先のアドレスまで気軽に連絡して下さい。できる限り対応いたします。
選考について

 個別面談を行い決定します。評価基準は、研究に対する意欲です。ただ、今まで頑張っていなかったけど、これから頑張ります!!というのはちょっと辛いです。 その意味でもGPAは2に近いところであれば、3でも4(笑い)でも関係ありません。またGPAやGPTが低い、”正当な理由”があれば主張してください。 また、系は全く考慮しません。そもそも、私は若いうちにレッテルを貼るのが嫌いです。研究室に入ったら1から勉強です。

FAQ - よくある質問

コアタイムはありますか?

ありません!
 週1回の全体ミーティング(津邑研、齋藤研、松井研と合同)および週1回のグループミーティング(松尾研のみ)があり、 いずれも出席が必須となっています。メンバー全員の都合を考慮してスケジュールを組むので、講義などの時間と重なることはありません。

松尾研は週に○○時間研究室にいることを要求しているようですが?

 できる限り研究室にいて、人との会話、さまざまな言語(英語やプログラミング言語)、(夜なら) ゲームもあり(笑い)を含めてさまざまなことを学んでほしいと思っています。もっとも、出欠を取る こともありませんし、確認することもありません。

OSや計算機構造の単位を落としたのですが大丈夫ですか?

大丈夫です
過去にOSの単位を落とした(3年生で再履修)学生が、研究室に入った後ちゃんと勉強し、国際学会で発表するとともに、 元国営巨大通信会社の研究所に就職した例もあります。要するに研究室に入ってからの勉強が重要です。

アルバイトはできますか?

できます!
 ただし研究成果を上げるという意味から、出来る限り最小限のほうがいいと思っています。お金は社会に出てから稼いだほうがよいと思います。

PCは支給されますか?

当然です!
 当然です。最低限1台用意します。さらには実験用に腐るほどのマシンがあります。いやというほど使えます。

他系の学生でも大丈夫ですか?

まったく問題ありません!
 研究室に配属されれば、出身系に関わらず、自分の研究テーマについて一から勉強していくことになります。 また、経験豊富な教員や先輩達が随時指導していくので、やる気さえあれば大丈夫です。

大学院入試へ向けて勉強する時間は取れますか?

院試勉強を優先します!
 大学院への進学を希望する場合は、院試が終わるまでは受験対策に専念することができます。 そのため、本格的な研究活動は院試終了後から始まります。

もし希望者数が定員を超えたらどうなりますか?

個別に面談を行います!
 選抜方法については選考についての項をご覧ください。

松尾先生は怖いですか(笑い)?

そんなことは無いです(笑い)
 授業中は、授業の雰囲気を壊さないため、真面目に聞いている人の迷惑になるため厳しくしています。研究では1対1なので、 厳しくしてもしょうがないと思っています。研究は自分でやるものであり、教員からさせられるものではないから。